TOPページ

大学中退フリーターからでも就職できる?

保育業界の求人

フリーターからの就職

20代のうちに就職を決めてフリーターを卒業する

景気が回復しつつある現在、就職氷河期と言われた時と比べて数多くの働き口がありますが、フリーターとして生活をしている20代の方も多いんですね。

親のすねをかじって生活をしている人やバイトだけで生計を立てているフリーターさんは意外と多いんですよね。

そんなフリーターさんには1日でも早く就職して社会人の仲間入りをして欲しいと思います。

なぜこんな事を言うのかというと、正社員とフリーターの生涯年収って大きく違いがあるんですね。フリーターの期間が長ければ長いほど、生涯に稼げるお金には大分、差がつきます。

それだけではなく、フリーター歴が長い人ほど就職はどんどん不利になってしまうのでできるだけ早く就職をしてキャリアを築いていかなければなりません。

後になって、「あの時、就職しておけば良かったなぁ〜」と思っても遅いです。30代や40代になった時に真っ当な社会人になっているためにも20代のうちに就職を決めてフリーターを卒業しましょう。

フリーターを卒業するには?

フリーターを卒業するにはまず意識から変えなければなりません。

世間体では大学を卒業すればもう立派な社会人になっていなければなりません。

日々、社会人としての自覚を持ちながら生活する事で身に付くスキルや得る事ができる常識も多くなり、日々成長して行く事ができますが、フリーターでいると社会人としての常識やスキルが身に付きにくいんですね。

実際に社会の中で働いている訳ではありませんので社会人の人とはこの時点で人間的に大きな差が付いてしまいます。

ですので、まずは自分の意識を変える事が大事になるんですね。

確かにフリーターとして生活をしている方が楽ですが、いつまでも甘えてばかりでは立派な社会人になる事はできません。

1日でも早くフリーター気分を抜け出し、社会人としての1歩を歩んでほしいと思います。

フリーターの就職って難しいんじゃないの?

「就職したいけどフリーターだし。。。」と就職できないと思いのあなた。

それは大きな間違いですよ。フリーターからでも就職できるチャンスは十分にあります。

確かにフリーターですと、自分の思うように就活が行えなかったり、就職したい企業に就職できない、という事はあります。

人材募集をしている企業側にもフリーターだとあまり良い印象を持ってもらう事はできないでしょう。

しかし、どこかで就職をしない限り、いつまでも就職する事はできません。上記でも述べましたが、フリーター歴が長ければ長いほど、就職はどんどん不利になっていきます。

後になって後悔しても遅いので、消極的にならないで前向きな気持ちを持って就活をスタートしましょう。

実際にフリーターから正社員就職した人は多くいますし、社会人未経験からの就職を成功させたフリーターも多くいます。

就職ポイントや就活ノウハウを収集しながら就活を行なえば就職できる可能性は高くなるので積極的に就活を行なって正社員就職を成功させましょう。

就職支援サイトを利用して有利に就職を決める!

現在、フリーターの就職を支援してくれる就職支援サイトが数多くあるのはご存知でしょうか。

就職支援サイトとはその名の通り、就職を支援してくれる民間機関になり、専任のコンサルタントが就活をサポートしてくれるんですね。

就職を目指しているフリーターさんの中には初めて就職でなにをしていいのかわからないという人もいる事でしょう。もしくは、有利に就活を行なって就職を決めたいという人もいると思います。

そんな方にとって就職支援サイトは頼もしい存在になってくれますよ。

カウンセリングからスタートして、求人の紹介、応募書類の添削、面接対策までしっかりサポートしてくれるのでフリーターからの就職も有利に行う事ができます。

就活をサポートしてくれるコンサルタントもその道のプロです。就職ノウハウなど、様々な情報を収集する事もできるので自分一人で就活を行うよりも断然、有利に就職を決める事ができますよ。

現在、就職を目指しているフリーターの方には是非、就職支援サイトを味方に付けて有利に就職を決めてもらいたいと思います。

Copyright (C) 2017 フリーターからの就職 All Rights Reserved.